メインイメージ

最近の投稿

必要な電気工事とは

スケルトン物件に必要な電気工事とは


スケルトン物件とはテナント物件の種類の一つであり、内装が何も用意されておらず、コンクリートなどがむき出しになっているものを指して言います。
この物件は内装などが無い代わりに内装を借主が自由に決定できる、事前に思い描いているレイアウトを実現することが出来るということで、テナント業界の中では非常に人気の高い物件の一つとなっています。
ですがスケルトン物件の貸借契約を締結した後、内装工事を終えたからといってすぐに店舗を開店できるとは限らないということには注意が必要です。
スケルトン物件を店舗として使うには壁紙や床材といったものを借主自身が施工業者に発注して準備しなくてはならないということは比較的良く知られていることですが、実際にスケルトン物件を店舗として使うにはそのほかにも様々な工事が必要なのです。
例えば空調機器というものは当然なくなっていますので、空調機器を設置する工事が必要となりますし、飲食店として開業をしようと思うのであれば排気ダクトを設置しなくてはなりません。
そしてそうしたものに必ず必要となるのが「電気工事」なのです。
ここで言う電気工事とは、造作が何も無いスケルトン物件の場合特に重要となります。
こうした物件の場合、通常の建築物だと存在しているようなコンセントなどが存在しておらず、また天井から提げる照明用の敗戦、空調設備や級排気口についているファンのための電気なども存在していません。
現代において、どのような商売をやるにしろ電気が無い状態では開業が出来ないというのが現実となっていますので、こうした設備を整えるためには電気工事が必須となるのです。
こうした工事は依頼する業者や店舗の規模などによっても料金がかなり変わってくることとなりますが、相場としては15坪から2坪程度の大きさの物件であれば80万円から100万円程度になる傾向があります。
また飲食店などの場合、大型の冷蔵庫や冷凍庫、食器洗浄機といった機器を設置する際には通常の100V電源では足りないことがありますが、そうした場合には「動力」と呼ばれることもある200Vの配線を用意しなくてはなりません。
こうした動力電源の設置工事を開業後に行うとなると、様々な工事などが必要となります。
よって、スケルトン物件で飲食店を開業しようと考えている人なのであれば特に、通常の100V電源のみで問題が無いかどうかという点については電気工事前の確認をしておくべきといえるでしょう。

安全管理対策

安全管理の問題点がない解体業者が行っている対策


建物を取り壊す解体作業は、大きな危険を伴う工事です。
工事の安全管理に問題点があると、現場作業員や通行人がケガをしてしまったり、最悪の場合死亡してしまったりすることもあるのです。
事故が起きてしまうと、補償もしなければいけません。
死亡事故などの場合は賠償金も多額になってしまうので、解体工事を行なう業者には、適切な安全管理をしてもらわなければいけないのです。
解体業者では、安全に工事をするために、さまざまな対策がされています。
業者に工事を依頼すると、まずは現地調査を行います。
現地調査では、解体する建物を調査して工事費用の見積もりを出します。
しかし、安全に気を配っている業者では、現地調査で見積りをするだけではありません。
近隣にある道路の交通量や通行量、ビルなどの建物との距離など、安全に工事を行うために必要な情報も調査しているのです。
現地調査時に近隣も調査していれば、近隣に影響を及ぼす事故も防ぐことができるのです。
安全な工事のためには、解体に関わる人の意思を統一しておくことも大切です。
意思を統一しておけば、連絡不足が事故につながることもなくなるでしょう。
また、それぞれの立場から意見を出し合うことで、適切な方法で建物を解体することもできるようになります。
適切な方法なら、無駄もなくなり、事故が起きる可能性も減らすことができます。
現場作業員には、どこに危険があるか事前に予測できる能力も必要です。
事前に予測できれば、それだけ注意深く作業をすることができるからです。
危険を察知できる能力は、さまざまな事故のケースを学ぶことにより磨くことができます。
安全に配慮している業者なら、こうした安全教育も行なっています。
普段の安全教育も重要ですが、現場をパトロールすることも大切です。
現場を常にパトロールすることで、危険がある箇所を事前に発見することができるからです。
また、パトロールをすることは、危険な個所を発見できることだけではありません。
パトロールしている管理者がいれば、現場作業員も常に集中しながら作業をすることができます。
集中力を切らさずに作業できる現場なら、不注意による事故も減らすことができるでしょう。
解体工事で一番気を付けなければいけないことは、安全管理です。
問題点のある現場だと、事故の数も多くなってしまいます。
しかし、安全管理がしっかりとしている業者なら、事故なく建物を解体することができるでしょう。