メインイメージ

単価を知る方法

解体業者複数の見積もりを取り単価を知る


家を建て替えたり、所持している物件を解体してさら地にしたい時にどれぐらいの費用がかかるのかを知っている人は多くはありません。こうした事柄は普通の暮らしの中で頻繁に日常的に行われる事ではないためです。
一般的には解体費用の相場価格となるのは、一坪2.5万円から4万円ぐらいです。
20坪だと50万円以上、30坪だと75万円以上、40坪だと100万円以上という価格になります。
しかし、これはそれぞれの地域によってもかなり異なりますし、家そのものの解体以外にも様々な費用(家の養生、ブロック塀の撤去費用、産業廃棄物の処分費用)がかかります。
それで適正な単価を知りたいと思う場合は複数の優良業者からの見積もり取ることによってその地域の価格を知ることができますし、どんな作業内容になり、付随的にどんな作業が必要になり、そのためにどれくらいの時間と費用がかかるのかについて説明してもらう事ができます。また、複数見積もりによって競合が生じ良心的な値引きを行ってくれる場合もあります。
人生の中で何度もあることではないので、わからない事が多いものですが、こうした機会になんでも質問をして聞いて見ることをためらわないようにしなければなりません。
そして、そうした業者を選択する面で知っておく必要のある事柄があります。
まず、床面積が80㎡を超える解体工事を行う時には各都道府県で登録を認可された業者でなければ、解体工事を行う事ができません。
また建設リサイクル法に基づいて、解体工事7日前にまで様々な種類の書類を役所に提出していなければなりません。この作業はたいてい解体業者が依頼人に代わって行ってくれるわけですが、建設リサイクル法に違反する場合には、業者だけでなく、工事を発注した依頼主も罰則を受けることになってしまいますので、しっかりと業者を選択する目を持たなくてはなりません。
その点でまず工事を行う業者が、解体工事登録または、建設業の登録を行っているかを確認しなければなりません。
また複数の見積もりを取った結果あまりにも、安すぎる業者にも警戒する必要があります。なぜなら、工事には人件費や産業廃棄物の処分費用などのコストがかかっているので、明らかに原価割れしているような業者は、手抜き工事や工事終了後の追加請求など様々なトラブルが発生する危険があるからです。
こうした点で大変役立つインターネットで一括見積の査定を行ってくれるサービスもありますので賢く活用するなら適正単価を知る助けになります。