メインイメージ

廃材のリサイクル

解体工事の廃材はリサイクルされている


住宅やビルなどを取り壊すときには、解体業者に工事費を支払う必要があります。
しかし、業者に支払うのは、住宅やビルを取り壊すために必要な費用だけではありません。
取り壊した後のゴミである、廃材を処分する費用も、業者に支払わなければいけないのです。
工事費と処分費用は、業者に見積もりをしてもらうと分けられてしまいます。
ですから、業者に工事を依頼するときには、工事費だけではなく、処分費用のことも合わせて計算しなければいけません。
解体工事をして残された廃材は、ほとんど何らかの形にリサイクルされています。
リサイクルをすることで、限りある資源を有効活用しているのです。
リサイクルをするためには、廃材を分別しなければいけません。
すべてをひとまとめにして、回収業者に持ち込むことはできないのです。
木材、鉄、コンクリートガラ、プラスティックなど、細かく分別をしてトラックに積み込みます。
解体業者がトラックに積み込むと、それぞれを指定されている回収業者に運びこまれ、廃棄物として処理されていくのです。
解体工事で残った木材は、肥料や燃料としてリサイクルされます。
木材は、木造住宅を解体したときには一番多く残る廃棄物です。
そのため、肥料や燃料としてリサイクルされることは、とても多くなっています。
鉄は、鉄工所へ運ばれます。
回収された鉄は再び溶かされ、新たな形に生まれ変わり使用されます。
工業製品として再利用されることもあれば、また、建築資材として利用されることもあるでしょう。
コンクリートガラやプラスティックも、木材や鉄と同じように、再生砂利などにリサイクルされ、いろいろなところで使われています。
解体工事で残された廃材は、一見するとゴミにしか見えません。
しかし、分別して回収されることで、さまざまな形にリサイクルされていますから、ゴミではなく貴重な資源と言えることでしょう。
貴重な資源としてリサイクルをするためには、業者が責任をもって処分しなければいけません。
一部の業者では、解体工事を安く請け負うために指定された回収業者に運び込まず、山中などに不法投棄をしてしまう業者もいます。
このような悪徳業者に工事を依頼してしまうと、依頼主も法的責任を追及されることになりかねません。
解体工事をを業者に依頼するときには、工事費や処分費用が安いからといって選んではいけません。
責任をもって処分してくれる、信頼のできる業者を選ばなければいけないのです。